藤田智則さんの記事を読んで

サラリーマンとして勤務していると、すっかり社会というかまわりの動向に感心が及ばなくなっていた軒気がつきました。藤田智則さんの記事で仮面サラリーマンでもいいということがあったのですが、やぱり投資でなくてもいいので将来に対する備えは絶対に必要だなと感じました。

セミナーでは仮面サラリーマンならリスクゼロと言っても、さすがにゼロってことはないのでは? 投資だったら、それなりのリスクは必ずあるでしょう。でも初期費用がゼロだったりするのはわかるけど、やっぱり努力は今までの概念と違っても考え方の転換とかということなんですかね。

例えばこのまま会社員でも定年間際でリストラにでもあったらどうなるんだろう? その場合には今のキャリアの価値って市場でどのくらいあるのか気になったので、再就職での転職について調べてみました。


再就職の握手

再就職の場合の就職活動について

転職したいけれど、再就職先が思うように見つからないという人は大勢います。新卒時の就職活動のようにすぐに内定が出ない人も多いようです。日本の景気が長期にわたって低迷していたために、これからどんどん働きたいという人でも、人員整理の対象にあって職にあぶれることがあります。

予定していなかった再就職というケースに見舞われて、途方に暮れてしまう人も少なくありません。企業は、業績が悪化して赤字経営が続くと、会社を建て直すために事業を一部切り離したり、部署を閉鎖するなどの対応をとります。生き残りをはかるために、何人かの社員に辞めてもらって、会社の経営にお金を回す体制を整える企業もあります。

いきなり会社を辞めることになったとしても、生活費はかかりますし、ローンは待ってはくれませんし、当人からすれば一大事です。再就職をしてお金を稼ぐことが、生きていくための命題になるというわけです。一つの会社が働き続けていた人が、思いがけず再就職の必要が出て、履歴書作成や求人探しからすることになるのは、結構難しいことです。


再就職は新卒の人と比べて立場が弱いという面もありますが、場合によっては強みになる点もあります。最近の企業は即戦力になれる人を求めていますので、一から仕込まなければいけない新人より、中途採用者の方がいいという見方もあります。

これまで自分が積み上げてきたスキルを活かしての再就職を決めることができれば、企業としても人材確保ができて助かります。社会人経験者しか持っていない技術やスキルをアピールして、うまく再就職につなげていきましょう。新卒者と条件は違いますが、悲観することはありません。

なんだかお堅い話になってしまいましたが、藤田智則さんのいうとおりかもしれませんね。



あああああ
2017.02.4
<h2>投資資金は働いて貯めましょう。</h2> <p>藤田智則さんの影響で投資に興味を持っても、種銭がなければ投資を始め [続きを読む]
2016.12.21
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください ! [続きを読む]




プライバシーポリシー